にんにく卵黄の副作用

にんにく卵黄は昔から九州南部の家庭料理でした。
つまり、サプリメントを購入しなくても自宅で作ることは可能ですのです。

ここでは、にんにく卵黄の副作用をご紹介します。

にんにく卵黄の副作用

準備するもの

  • にんにく(6個)
  • 卵黄(卵2個分)
  • お水(大さじ3杯程度)

1.電子レンジで加熱

500Wで1個につき、約1分間加熱してください。

2.皮をむく

加熱できたら、今度はにんにくの皮を剥いてください。
熱くなっているので、気をつけてくださいね。

3.にんにくを潰す

お鍋ににんにくを入れ、お水を大さじ3杯加えてください。
そして、弱火でにんにくをふやかします。

ある程度、ふやけたら、そのにんにくをペースト状になるように潰してください。

4.卵黄を加える

にんにくがペースト状になったら、火を止めて卵黄を加えます。
ある程度にんにくと絡んだら再度火を付けて、かきまぜてください。

5.乾かす

にんにくに卵黄を加えたものがねっとりとし始め、しゃもじや箸が動かしにくくなったら、火を止めてください。

そして、サランラップの上にペースト状のにんにく卵黄を乗せて、サランラップを半分に折り、上から手で叩いて平らに伸ばしてください。

伸ばしたら、サランラップを開いて、表面と裏面を交互に乾かしていってください。

6.小さく切って丸めて完成!

手にくっつかないくらいに乾燥したら、1つ1つを飲みやすいサイズに切って、丸めましょう。(丸めた方が確実に飲みやすいです)

全部丸め終えたら、2~3日ほど天日干しにして完成です。
あとは、自分の好きなタイミングで毎日飲んでいってください。

いざ、作ってみると結構簡単に作ることができます。
が。。。やはり、調理した後の部屋の臭いや、飲んだときの口臭はかなりキツイです。

ですのは、私個人としては臭いを気にすることなく飲めるサプリメントタイプの方が、毎日飲み続けられるのでオススメです。

また、「健康家族のにんにく卵黄」や「やずやの雪待にんにく卵黄」などのアイテムは、素材にもこだわり豊富な栄養を簡単に摂れるようになっていることを考えると、まずはサプリメントタイプから始める方が手軽ですよ。