にんにくの働き

にんにくが疲労回復に良い理由

「にんにくを食べると元気になる」

にんにくに対して、このようなイメージを持っている方も
多いのではないのでしょうか?

では、どうしてにんにくを食べると元気になるのか?
その答えは、にんにくに含まれている「アリシン」という成分に隠されています。

アリシンは、他の食品に含まれているビタミンB1と結合することでアリチアミンという物質に変化します。このアリチアミンという成分はビタミンB1と同じ働きをして、体内での消化・吸収を手助けしてくれるのです。

そもそも、ビタミンB1はご飯やパンなどの炭水化物をエネルギーに変えるのに必要な栄養素で、人体にとって、とても重要な成分なのです。

しかし、このビタミンB1という物質は体内に吸収されづらく、せっかく補給をしても体内に蓄えておくことができない物質なのです。

そこで活躍するのがアリチアミンです。

アリチアミンは、ビタミンB1と同じ働きをするだけでなく、消化吸収も良く、体内にしっかりと蓄積することができる成分なのです。

つまり、にんにくを摂取することによって、これまではビタミンB1不足で無駄になっていた炭水化物を効率よくエネルギーに換えることができるようになるのです。

このような理由から、にんにくには疲労回復や滋養強壮の効果が期待できると考えられているのです。

それ以外の働きは?

にんにくに含まれているアリシンには、アリチアミンに換わることによるエネルギーの増加以外にも様々な働きがあると言われています。

血液をサラサラにする

にんにく含まれている様々な成分

にんにくに含まれているアリシンを加熱することによって、
アホエンという成分になります。

このアホエンには強い抗血栓作用やコレステロール抑制作用があり、血液をサラサラにしてくれるのです。

これにより、動脈硬化を防いだり、血行が良くなることで肩こりや冷え症を予防してくれます。

性ホルモンを活発にさせる

にんにくに含まれている成分は男性・女性ホルモンを活発化させ、精力を増大させる働きがあります。
また、精子の素にもなると言われています。

肝臓を守る

肝臓の細胞を活性化することにより、肝機能を健康な状態に戻す働きをしてくれます。
二日酔いの防止にも役立ちます。

胃腸の働きを整える

胃の粘膜を刺激して、胃液の分泌を促すことによって、便秘や下痢を改善する整腸作用があります。

ダイエット効果

体が活性化することや、血流が良くなることで老廃物が落ちやすくなることから、ダイエット効果も期待できると言われています。また、内臓脂肪を燃焼・除去してくれることからリバウンド防止にも役立つのです。

殺菌作用による感染症予防

アリシンには殺菌作用があるため、インフルエンザや風邪、肝炎、O-157など様々な感染症の予防に役立つと言われています。

ガン予防にも役立つ

1990年にアメリカの国立ガン研究所から発表された「デザイナーフーズ計画」という統計データでは、にんにくは食品の中で最もガンを予防するのに適していると明記されていました。ガンの予防に役立つという情報から、アメリカでのにんにく消費量が3倍に増えたそうです。

このように、にんにくは健康に役立つ様々な働きしてくれます。

そして、生のにんにくを食べ過ぎると刺激が強すぎるため、胃などを痛めてしまいますが、にんにく卵黄のように加熱して加工されたアイテムであれば、体に負担をかけることなく、これらの栄養を得ることができるのです。