にんにく卵黄とは?

最近、よくテレビCMで「にんにく卵黄」という名前を聞くようになりましたね。

九州南部の家庭で愛されていた健康食品

にんにく卵黄は、九州南部の伝統食品の1つで、古くから九州の各ご家庭でお母さんやおばあちゃんが家族の健康維持のために手作りをしてきた健康食品です。

作り方は、にんにくと卵黄を長時間加熱して練り合わせるだけ。 これだけで疲労回復、滋養強壮、健康増進といった効果が得られます。

とはいえ、ご自宅で作ると手間ひまかかりますし、また、にんにくの臭いが強いため、 毎日のように摂取することができない。

そこで、最近ではにんにく卵黄のエキスをソフトカプセルに入れた
サプリメントタイプのものに注目が集まっています。

テレビCMなどでもよく見かける「やずやの雪待にんにく卵黄」や「健康家族のにんにく卵黄」などがこのサプリメントタイプに該当します。

サプリメントタイプは、にんにく独特の臭いを抑えられるため、気軽に飲むことができます。
また、携帯するにも便利ですので、旅行や出張先にも持ち運ぶことができるのです。

にんにく卵黄はどのような働きをしてくれるの?

にんにく卵黄の働き

健康のためににんにくを食べたり、卵黄を飲んでいるという人もいるのではないでしょうか?

にんにく卵黄は、その名の通り、にんにくと卵黄の両方の栄養を手軽に補給することができるアイテムです。

にんにくに含まれているアリシンやスコルジニン、卵黄のレシチンはそれぞれ疲労回復や滋養強壮に役立つ働きをしてくれます。

そして、この2つを組み合わせることによって「脂質アリシン」と呼ばれる物質を生み出すことができ、この成分が老化防止や、悪玉コレステロールの分解を促して生活習慣病を予防してくれるのです。