やわた【熟成にんにく卵黄 黒の力】

やわた【熟成にんにく卵黄 黒の力】

青森県産、福地ホワイト六片を熟成
白にんにくよりも栄養豊富な黒にんにくを使用

にんにくの名産地である青森県福地産のホワイト六片を使用。中国産と比べても中身とがギュッと詰まったにんにくを、30日間職人さんの手で熟成させることで、通常のにんにくよりも高い栄養を含んだ黒にんにくに仕上げています。また、獣医が常駐し、衛生・栄養・健康管理がされている養鶏場で育った鶏の卵黄を使用することで、より安全で栄養豊富なにんにく卵黄に仕上がっています。

価格 内容量 評価点数
2,100円(税込) 60粒(約1ヶ月分) 4つ星

こだわりの青森県産 福地ホワイト六片を使用

福地ホワイト六片種

寒い青森県で育った福地ホワイト六片は、にんにく卵黄に最も適したにんにくとして有名です。

1つ1つが非常に大きく、女性の握り拳ほどある実。
中国産と比較するとその違いは一目瞭然。

中身もギュッと引き締まっているにんにくには、高い栄養価が詰まっており、臭いと辛みが強く、市場でも高値で取引されています。

やわたでは、この福地ホワイト六片の臭いを抑え、胃に優しいマイルドなものにするために加工を施して使用しているのです。

丹念に熟成させた黒にんにくだから、栄養価はさらにアップ

白にんにくとの比較のグラフ

このこだわりの福地ホワイト六片を職人が1つ1つ丹念に熟成。

30日間、丁寧に熟成させることで、にんにくは黒くなると同時に、健康維持、疲労回復に役立つアミノ酸は白ニンニクの1.28倍、ポリフェノールの一環で健康維持に役立つタンニンは白ニンニクの約5倍にもなります。

このように熟成させ、栄養を凝縮させることがより栄養豊富なにんにく卵黄を作り出す秘訣なのです。

熟成にんにくができるまで

箸で持つことができる平飼い有精卵

「熟成にんにく卵黄 黒の力」で使用しているのは、熊本県の獣医が常駐する養鶏場の有精卵です。

衛生管理、栄養管理、健康管理など万全の環境の中、のびのびと動き回って育った卵の有精卵は栄養も豊富。タンパク質はもちろん、必須アミノ酸やビタミンA、B、D、E、Kなどたくさんの栄養素が含まれています。

この有精卵を、1つ1つ手作業で採卵。

お箸で黄身を持つことができるほど、新鮮なうちに卵黄を取り出すことで、栄養を逃さずにんにく卵黄に使用することができています。

鶏の育て方から、黄身の鮮度までも大事にしたにんにく卵黄となっているのです。

ここがポイント

にんにくを熟成させることで、アミノ酸が白にんにくの1.28倍になるなど、さらににんにく卵黄の効果・効能が高まるように工夫されているのが特徴です。卵黄も箸でつまむことができるほど、新鮮で栄養豊富なものを使用。中級者向けのにんにく卵黄としてオススメです。

やわた【熟成にんにく卵黄 黒の力】の口コミ情報一覧

今年で50歳になる上司がいつも元気

サプリメントって、どこか信じられませんでした。 そんなものでホントに健康になれるの?って。 でも、最近ちょっと体が疲れていて、なんとかしないとな~と思っていたときに、会社の上司からにんにく卵黄を教えてもらいました... [もっと読む]

元気がモリモリ沸いてきた

やわたの熟成にんにく卵黄、黒の力を飲んでみました。 やわたといえば、船越英一郎さんでお馴染みですよね。船越英一郎さんが元気に走っているCMが思い浮かびますが、あのCMは、ちょっとわざとらしい... [もっと読む]